上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ペットフード安全法
 国内で初めてペットフードについての法律が成立しました
 ペットフードの安全性の確保を図る為、6月1日より施行されました
 初めてであるということは、今まで無かったと言う事であり、その事の方が、飼い主として驚きでした
 また、法整備しなければならない粗悪なペットフードがある、ということです
 違反した業者に対して罰則が盛り込まれたので、やっと飼い主さんには安心してフードを購入できる環境
 が整いました

 環境省のHPに飼い主のための、ペットフードガイドラインが載っています
 とっても参考になりますので、是非一読を

    http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide.html

この法律ができた背景には・・・
ペットの数が2008年は2683万頭数で、15歳未満の子供の数1752万人より多いそうです
更に、未成年(20歳未満)の2400万人も上回ったそうです
ペットへの国民的関心の高まり、少子化、ライフスタイルの多様化、ペットの位置付け、役割も変化していますペットに癒され、元気付け勇気付けられ、我が子同然にパートナーとして扱われていることから、ペットの健康、安全に常に気を配ることは当然の流れです

6月1日 日経新聞の記事にて
IMG_3755_convert_20090606124840.jpg

この記事は、5年間で613件のペットフードの苦情が寄せられたというものです
この全てがペットフードが原因かどうか明らかではないようですが、死亡している犬猫がいることからも無視できません

07年に米国でのペットフードでの中毒死が発覚しました
日本では法律や罰則が無かった為に、業界の良識任せとなっていました
その情けない現状が打破され、改善されていくであろうことは喜ばしい事です

ドッグフードへの理解、見極める目、飼い主自身の責任がさらに深まる事になります

愛すべきペット達が守られる法律ができて安心安全な環境が整いつつある中、
もう一つ見逃してはならないことがあります

飼い主に見捨てられるペット達の存在です
収容数、処分数は減ってきているものの、ペットを捨てている飼い主がいるのも事実です
どうして捨てる事ができるのか、私にはいえほとんどの人が全く考えられ無いと思います
ペット収容所の様子を見ると可哀想で胸がしめつけられます
簡単に飼わない、最後まで面倒を見る、このことをよーく考えた上で、ペットを飼って欲しいと思います
心無い無責任な飼い主がいなくなるように願うばかりです

IMG_3566_convert_20090606132542.jpg

クイーズからもお願いします











スポンサーサイト
2009.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://labradorminimini.blog45.fc2.com/tb.php/34-719b9d30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。